2006年12月30日

雪の中の蝋梅

PIC00008.jpg

初雪が降りました。
雪の中の蝋梅
わりと大輪の素芯蝋梅です。
雪の中でひときわ幻想的な花に見えます。

花・ガーデニング Ranking です。
posted by クニ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

アブチロンチロリアンランプ

12-27 002.jpg
アブチロンチロリアンランプです。
長い間、花を咲かせています。
暖かかったためかまだ咲き続けていました。
名前がなかなか覚えられなくて(^^;;;
12-18 019.jpg
確かにチロリアンランプという感じの花形。
日本流に言うとチロルの提灯でしょうかww
物の形に関するイメージは洋の東西を問わず似ているところがありますね。
(^_^)......ん?
言い回しが古い?


花・ガーデニング Ranking です。


posted by クニ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

蝋梅その2

12-27 003.jpg

蝋梅です。
やはり今年は暖かいようです。
落葉もすまないままにもう花が咲いています。
すぐに地球温暖化に結び付けようとは思いませんが
気候の変化が何かおかしいですね。

花・ガーデニング Ranking です。
posted by クニ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

ゆず

P1010007.JPG

柚子(ユズ)です。
鍋物に、漬物に、マーマレードに、お茶に
いい香を色々な食べものに利用します。

花・ガーデニング Ranking です。
posted by クニ at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

蝋梅(ロウバイ)

P1010012.JPG

蝋梅です。
蝋細工のような透明感のある花を咲かせます。
花の中まで黄色いものを素芯蝋梅(ソシンロウバイ)と言います。
早春の花です。
一昨年は元旦に咲き始めました。
昨年は1月の下旬に咲きました。
今年は年が明ける前に咲いてしまいました。
雪の中に咲く蝋梅も美しいものです。

花・ガーデニング Ranking です。
posted by クニ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

南天

12-18 015.jpg
クリスマスカラーの赤と緑というわけではないが
南天
今年はなぜか実のなるものの成績がよくない。
山から熊がたくさん降りてきている背景には、山の実の不作が原因とも考えられているらしい。

人気blogランキングにご協力ください
posted by クニ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

万両

12-18 001.jpg
ヤブコウジや千両などと共にこの時期赤い実をつける万両です。
斑入りの園芸種も一緒に写っています。
わかるかなあww

人気blogランキングへ
posted by クニ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

嵯峨菊W

12-18 007.jpg
嵯峨菊その4です。
微妙なグラデーション
色は残ったけれど、花の形は最初はどうだったんだろう?
挿し芽し直したら元の花形に戻るんだろうか?
機会があれば試してみたいな。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵯峨菊V

12-18 005.jpg

例によって地上に降りた嵯峨菊
色はまさしく嵯峨菊の派手な花色なんだけれど。
花の形は普通というww
こういう菊があってもいいかもって。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

磯菊

12-18 010.jpg
磯菊です。
海岸によく生えているということで磯菊と呼ばれるそうです。
本来は10月から11月に咲く花のようですが、暖冬の影響かいまも咲いています。
花のない時期も葉の縁の白い覆輪が美しい植物です。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

尊峨菊U

12-18 004.jpg
これも地面に降りた嵯峨菊の末裔
まるでマーガレットみたいに。
この花形が菊の基本形なんでしょうね。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

嵯峨菊

12-18 003.jpg嵯峨菊が育てられなくなり庭に下ろされている。
毎年冬至芽を挿し木して更新していたがそれもしていないためすっかり嵯峨菊らしい花の形は失われてしまい、色のみが残ったようだ。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

ホトトギス

12-18 013.jpg
ホトトギスです。
本来は秋の花。
露地のものは、もう種の時期も終わって枯れてしまっていますが、カーポートの下に生えている一株がまだ咲いていました。
霜よけだけで咲いてるんですね。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ナンバンギセル

ringH17-11-14 006.jpg
ナンバンギセルはススキなどに寄生する植物です。
形がパイプに似ているところから南蛮煙管(ナンバンギセル)となったようです。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

花梨

ringH17-11-14 024.jpg
花梨です。
春先の花はピンクで繊細です。
秋になる実は良い香を放ちますが食べることはできません。
花梨酒にします。
喉によいということで蜂蜜や砂糖につけたりもします。
のど飴にも花梨を成分にしたものがあります。
この地方の旧家には樫木と花梨を庭木に植える習慣があります。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ヤツデ

12-5 008.jpg
ヤツデ
天狗のうちわにして遊んだ幼い日々
大人になってもやはり大きな葉っぱです。
アイビーの仲間なんですって。
よく似た花の写真を、見せていただきました。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

白侘助

12-5-12 018.jpg野生ではまず見かけない白い椿も庭には何種類か植わっています。
先人たちが野山で見つけて挿し木や接木をして増やしてきたんでしょうね。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ツワブキ

12-5-12 032.jpg
ツワブキ
艶蕗が変じてツワブキになったとか。
海岸に多い植物で、若い芽は蕗と同様に食べられます。
この花を見て
  美しい
とは言わずに
    おいしそう〜〜〜
といった友人がいます。
       女性でした(^^;

人気blogランキングへ
posted by クニ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

寒椿

12-5-12 023.jpg
庭に咲く寒椿です。
山茶花とほとんど同じもののようで、学名(Camellia sasanqua cv. Fujikoana)も椿のもの(Camellia japonica) ではなく山茶花のもの(Camellia sasanqua)が使われています。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

11-11-19 007.jpgお茶の花です。
煎茶も抹茶もほうじ茶も玄米茶もこのお茶の木から採れます。
育て方とその後の処理が違うだけでいろんな味の飲み物に変わります。
発酵させると日本産の紅茶や烏龍茶にもなります。

お茶の花は茶農家にとっては迷惑な存在のようで、
これから春の芽出しに向け栄養を蓄えていかなければならないのに花とその後の結実に栄養分をとられるからです。
しかし、白い可憐な花は見る者を和ませます。

ツバキや山茶花とも近縁のこの花はお互いに交雑することもあるようです。

人気blogランキングへ
posted by クニ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。